働く母のすすめ

You are stronger than you think.

全ては自己満足

ここのところ。
仕事で追い込まれていたので、息子を寝かしつけてから朝方まで再出勤したり、お迎えまでの時間を最大限に使うために始発に乗って出勤したり、家族に負担をかける仕事の仕方をしていた。仕事に追われているのはいつものことで、書類仕事ならば自宅でも出来るのだけれど、今回はどうしても職場でしか出来ない仕事が大量発生したため、夫とお互いに必要な仕事時間について協議した結果、やむを得ずイレギュラーな出勤をすることにした。

休日出勤や残業、泊まりの出張などで、私がいない状況にも少しずつ慣れてきた息子は、丁寧に説明すれば大抵のことには理解を示してくれるのだけれど「朝起きたら、息子ちゃん一人でお布団で寝てるのかあ。」と言ったりするので、後ろ髪が引かれる。土日の朝は、早朝の子ども向け番組見たさに、母ちゃんをお布団に置き去りにしていくクセに。

昨日は、少しだけ仕事に区切りがついたので、久しぶりにほっとした気持ちで帰路についた。コンビニで夫と息子のために、ピノを2つ買ってレジ向かうと、ネームプレートに若葉マークをつけた若い女性の店員さんが「ピノ、お好きなんですか?」とぎこちない笑みを浮かべながら言った。コンビニの店員さんがプライベートな領域に突っ込んできたことに少し驚いたのだけれど。「ええ。家族が。」と答えた自分の中に、突然幸せな気持ちが溢れ湧いて来たことにさらに驚いた。

雨の中、そんな気持ちを抱えながら帰宅して。
「ピノ、買って来たよー。」と言うと、息子が駆け寄ってきた。「さっき歯磨きし終わったんですけど。」と不満げな口調の夫が真っ先にピノの箱を開ける。

いいんです。全ては自己満足なんです。
誰かを満足させるなんてことは、何となくおこがましいような気もして。
私が満足することで、誰かが幸せになる可能性の種をそこに撒いて、蒔いておけば、いつかは花が咲くこともあるかもしれないし。ないかもしれない。