働く母のすすめ

You are stronger than you think.

昔の名前で出ています

夫婦別姓の問題が、初めて最高裁大法廷に回ることになった。

最高裁大法廷:民法の夫婦同姓、再婚禁止期間…憲法判断へ - 毎日新聞

 

我が家は生活の一部に夫婦別姓を取り入れているので、この問題には多少なりとも興味がある。

現在の日本では結婚すると少なくともどちらか一方が改姓しないといけないので、我が家の場合、戸籍上は夫の姓で統一して、私が通称として旧姓を使用している。夫自身は、入籍する際に夫が姓を変更してもよいと言っていたけれど、私の実家は名前を残さなければならないような名家でもないし、恐らくお互いの両親の心情的にそうすることは得策ではないと思ったので、慣習に則って夫の姓を選択した。

別姓を使用している理由は、単純に仕事上のメリットが大きいと判断したからで、特に思想はない。仕事柄、職場外とのやり取りも多く、現在は組織に属してはいるものの基本的に根無し草的な立場なので、同じ業界の方々に広く名前と仕事を関連づけて覚えてもらう必要があるという実用面を考慮しての選択。結婚や離婚の度に姓が変わるのは不利になる可能性があるし面倒なこともある。「あの人は姓が変わっているかも。」なんて考慮してくれるような親切or暇な人はいないし、姓でお互いを認識して呼び合う文化なので、仕事を続ける上で姓の連続性は重要。それに仕事上しか関わりのない人と「お名前変わったんですね。」から派生するプライベート情報のやり取りをするのは、想像するとあまり心地よくはない。同じ理由で、旧姓と戸籍名の併記もあまり好きではない。

結婚当初は、別姓を使用することに多少迷いがあったけれど、10年以上経ってみてやはり仕事上は旧姓を継続して使用していてよかったと思う。夫も私も姓が同じであっても別であっても家族の大切さには変わりがないと思っているので、そのことで夫婦仲が悪くなったり、家族の団結力が低下したりしてもいない。けれど色々不便はあるので制度は整えてほしいなあと思っている。

 

  • そもそも改姓自体、手続きが面倒

結婚してまず初めにやることは、自分に関わる全ての書類の名義を変更すること。運転免許証、パスポート、保険証、年金手帳、銀行の口座(複数)の名義、クレジットカード(複数)の名義などは、基本戸籍名を使用する。手続きはもちろん全て自分でやらないといけないし、その都度、戸籍謄本(抄本)が必要だったりする。ああ、思い出すだけでめんどくさい。大好きなあの人の苗字になれるわ、うふふ的な発想は皆無なため、この作業はめんどくさい以外の何者でもない。
先日、ほとんど使っていなくて存在を忘れていた郵便局の口座を発見したので解約しようとしたら、旧姓のままになっていたため「本人確認が必要なので戸籍抄本(有料かつ手間がかかる!)を取ってきてください。」と言われた。キャッシュカードを使えば、本人確認されずにお金を引き出せるという矛盾を感じつつ、ATMから引き出せるお金(お札分)を全部引き出して放置することにした。

  • 職場によっては、旧姓使用に融通がきかない場合がある

私はいくつかの職場を転々としているけれど、旧姓使用に関しての対応は様々。旧姓使用届を出しておけば、書類の作成から何から全て旧姓でOKなところもあれば、書類はあくまで戸籍名で作ってほしいと言われ、自分で旧姓と戸籍名の使用を使い分けなければならないところもある。前者の方が圧倒的に楽。多分、事務関連部門の柔軟性によって対応が異なるのだと思われる。(個人的には、頑に戸籍名の使用を求める事務のある職場は、別の部分でも融通の利かないイケてない職場だと思う)
ただ完全に旧姓使用OKな場合でも、いくつか注意しておく点はある。例えば息子の保育園など戸籍名を使用して利用している外部のサービスなどから職場に電話連絡があった場合に、同僚が私の戸籍名を知らずに「そのような苗字の人はおりませんが・・・。」と電話を切ってしまったりすることもある(実話)。なので保育園等、職場に連絡をしてくる可能性が高い相手には、予め旧姓を伝えることにしている。

他にも、仕事関連の郵便物が自宅に来る場合は旧姓で来たりするので、郵便局に届け出を出しておかないと届かない場合があるし、細かい話をすると不便だなあと感じることは他にもたくさんある。それから少しだけ感情論的な話をするとしたら、私が今の仕事に就くに至ったのは、私の両親が教育を受ける機会を惜しみなく与えてくれたからだと思っているので、仕事のアウトプットは旧姓で出したいという気持ちもある。もちろん最近では、夫という家族の協力に依る部分も増えてきているので、この気持ちは結婚当初に比べて薄れてきつつもあるのだけれど。

そんなこんなで。
個人的には、夫婦別姓を望む人がいるならばそういう選択が個別に出来る制度があるとよいと思うし、少なくとも職場単位では、旧姓使用者の利便性を向上させる努力をしてほしいと思う。昨今、議論になっているLGBTの件もそうだけれど、生き方のダイバーシティが増えることは、よいことだと思っている。