読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働く母のすすめ

You are stronger than you think.

ありがとう、税金。

「文句をいうだけなら、サルでもできる。代替案出せへんクセに、文句だけいう人間は最低や!」

幼少期から、こんなことを父に言われて育ちました。

どうでもいい話ですが、口調からもわかる通り、父はそれほど人間的に出来た父ではないので(現在形)、この話は「シャツにチノパンなお父さんが椅子に座りながら、諭すような口調で紡ぎだした言葉」とかではなく「裸に短パン一丁な親父が、寝転がってテレビで野球観戦しながら、口が達者で小うるさい娘に苛立ちながら投げつけた言葉」というイメージで読んでいただければと思います。

当時の私が、どう感じていたかはさておき。

昨今の公務員叩き的なものを見ていると、そのほとんどが「文句」で、「代替案」を提示してる人って少数派だなあ。と感じることがしばしば。「そんな政策やっても意味ない」というなら意味のある政策を提示したらいいと思う。様々な立場の人間で構成されている社会に対する政策として、最適解を見つけるのは本当に難しいことで、批判は必要だけれど、そこにはまず感謝があるべきなんじゃないかと常日頃思ったりしている。

私たちの生活は、本当に、税金に守られている。

 そこで例によって、また件のブログを引用したりしてみる。

すべての税金コストを開示したらどーかな? - Chikirinの日記

利益移転についても開示したらいーんじゃないの? - Chikirinの日記


この記事は、税金の使い道をクリアにして、「自分の頭で考えて」、自分で税金の使い道を選択しようよ!という内容だと思うのだけど、全く持ってその通りで、こういう方法を通じて、どんなに自分たちが税金に支えられているかも知った方がよいと思う。

あんまり広い分野について、あれこれいうほどの見識はないので、現在当事者まっただ中の育児分野について言うなれば。

妊娠・出産を経験してみて、本当に税金に守られてるわー!と実感したように思います。

妊婦検診の費用は補助される上に、はみ出た分は医療費控除が受けられるし、勤め人ならば、お休みしている間もいろんな社会保障が受けられるし、生まれた子どもの医療費だって、予防接種(義務のもの)はほぼ無料だし、もうそこかしこに税金がどかどか投入されている。もう申し訳なくて、息子が38度やそこらの熱が出たくらいじゃ、病院に行けないくらい。←逆効果

保育園関連の行政だって、本当にそうで、保育料が高いとか待機児童がとか、文句は多いけど、さくっとネットで調べただけでも情報はいくらでも落ちていて、例えば、板橋区では年齢別に園児一人にかかる費用を出していたりして。

保育園の運営費用負担割合と園児一人にかかる費用と保護者負担額 | 板橋区

 

0歳児の場合、一人あたりにかかる費用が41万(これ月額ですぜ!)で、保護者が負担する保育料の平均額が1万9千円(所得に依存するため)だったりします。残りの39万は誰が出してるのかって話で、そんなにかかるんだけど、それも福祉の一部だとは思うけれど、お母さん、それに見合うだけの努力してoutput出せてます?って話だったりもします。(自戒)

先日待機児童ゼロになったとニュースになっていた名古屋市には、こういうページが公開されていて、興味があれば7-9ページ目を見てほしいのだけど、税金の使われ方が、個人の家計に換算されたりしながら、わかりやすく紹介されている。(こういうわかりやすい情報公開をしているというのも評価されるべきだと思う)

http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000046/46764/25_yosan_no_aramashi.pdf

 

なんだかうだうだと書いてきたけど。

もうこういうのを見ると、個人的には、感謝の気持ちしか湧かないのが正直なところ。もちろん改善して欲しい点は、たくさんあるけれど。
そして、圧倒的に歳出が多い予算の中で、物事をよりよくしていくためには、時には自分の取り分が少なくなろうとも、公共の福祉のために、今まで受けてきた恩恵に報いるために、喜んで税金を提供できる大人でいたいなって思ったり。(個人的には、ちきりんさんの下の記事にあるように「寄付」として納める税金を選択した上で、寄付控除が適用されると払う税金に対して個人の関心が高まっていいんじゃないかと思う。←海外では実際にある話)

それから。
別に税金とか公務員とかに関わらず、社会での他人との関わり方においても、代替案のない文句ばかり言っていても何も解決しないので、まず相手のいいところを認めて感謝した上で、よりよくしていくための案を考えたらよいんじゃないかって思ったり。

よし。ボスと仲良くしよう。(ん?)