読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働く母のすすめ

You are stronger than you think.

近所で保育園が増えている件について。

私の住む街は、少し前に待機児童全国ナンバーワンでした。

そんなこともあり、最近、近隣には保育園が乱立しており、今年度の4月には、同じ区だけで新設園が4園。年度途中に開園した園も合わせるともっとたくさんあります。

数値的には、とても好ましい状況になってきたように見えるのですが。

 働く母としては、やはり新設園は気になる存在なので、通りかかった際には、ちらちらと覗いたりしているのですが。

全ての園がそうだとは言わないけれど、認可保育園にも関わらず(?)園庭が猫の額みたいに狭いと言ったら猫が怒りそうなほど狭かったり、建物自体が、住居orテナント用マンションみたいに、狭い場所にきゅうきゅうに建てられていたりで、ものすごい残念な様相。

慣れない育児に翻弄されている中、仕事と育児の両立なんて出来るのかしら?子供に寂しい思いだけはさせたくない。と思い悩む母親が、よっし預けよう!と思える外観ではない。残念ながら。

贅沢だと言われれば、そうかもしれない。

でも。環境のよくない園を2個作るなら、その予算で、環境のよい園を1.5個作ってほしいと思うのは、甘い考えなのかなあ?


我が家は、思いっきり親の都合で。
息子は、0歳児の頃、園庭のない無認可の託児所に通っていましたが、1歳児クラスになる頃、今後のことや利便性を考えて、家の近所の認可保育園に転園しました。

園は出来て数年の新しい園でしたが、そこそこの都会の割に、園庭も広めで、園内も安全性を考えられているなと思う造りです。(ガラスは全て強化ガラス使用で、死角が出来にくい開放的な造りなどなど)

保育士さんのプロ意識も高く、いろんな育児方針や情報がある中で、「園としての方針」をブレさせることなく、職員にも徹底させているのが伝わってくるし、時にはモンペっぽい親にも、うまく対応している印象があります。(それでももちろん、不満を口にしているママも見受けられますが)

こうした安心できる環境(ハコも人も)のおかげで、私は、仕事でツライことがあっても、頑張れている部分があると思います。

夫も同じ気持ちを持っているようで、保育園なしで、二人で子育てしていたら、一体どうなっていたんだろう?と思うほど感謝しています。

昨今の痛ましい事件などを見ていると、とりあえず、預ける場所を確保することも大切だと思いますが、女性の継続した就労を支える基盤作りとしては、質の確保も同じくらい大切なことだということ、理解してもらいたいと思います。

そして、保育士さんの社会的地位や給与の改善など、もっと彼ら/彼女らのがんばりを支える社会になっていければ。