働く母のすすめ

You are stronger than you think.

雑記

かわいい人

私の母は、ただひたすら耐え忍んでいた人というわけでは決してなく(一個前のエントリー参照)なかなかに個性的な人だったりもする。彼女は、何をする時でもどこかほんの少しズレていて、例えば生き物の命をとても尊んでいるようなのだけど、その方法がビミ…

正しくあり続けるということ

私の父は、かなり扱いづらい人でした。 子どもの頃は。授業中に私語が多い上に、先に設問の答えを言ってしまったりもして授業の妨げになるから「ちょっと外で走ってこい!」と先生に言われ、ひたすら校庭を走っているような子だったらしい。 社会人になって…

うちにかえろう。

トーキョーで働いていたことがあります。トーキョーの会社に就職した彼を追いかけて、トーキョーで職を探した。上京を機にトーキョーで彼と一緒に暮らしはじめた。そしてトーキョーで入籍をした。彼は夫になった。トーキョーで私たちは新しい一歩を踏み出し…

夏祭りと働く母ちゃんの葛藤

今でこそ。例えば「妻から夫への家事ハラ」とか言われたら、共働きなのに家事が出来ない夫自体が家事ハラっていうか、いい大人が家事も出来ないとか「そもそも大人の人間としてハラスメント」じゃないかぐらいのことを夫に言ってしまえるほど強気に生きてい…

拝啓:家事育児がどれくらい頭脳労働だと認識しておられますでしょうか。

家事育児が大変という話は、よく耳にするけれど、もしかすると肉体的に大変という認識が大きいんじゃないかと思ったり。例えば、更年期に多い女性のうつ病患者さんが困っていることは「献立を考えること」だったりするし、まだ自制がきかない小さな子どもを…

相対的な価値判断の多い世の中で、絶対的な礎を築いていけたなら。

尊敬語とか謙譲語とか。正確に使うのは難しいけれど、その背景にある日本人的な心持ちがとても好きだと思う。相手を自分より高めて敬う気持ち。相手より自分を低めることで相手を敬う気持ち。きれいごとを並べたって、世の中は比較級が渦を巻いているのだけ…

きっと記憶に残らない日常に伝えたい思いを乗せて。

息子、3歳10ヶ月。この先に何が起こるのかまだ知る由もない3歳児に、大人目線で将来役に立つと思うことを教えるためには、大人サイドにもそれなりの労力と覚悟を要する。前にも書いたのだけれど(見上げた空が、あまりにも青いので。 - 働く母のすすめ)私に…

久しぶりに夫のよいところなどを書き連ねてみたりしようと思う。

3歳10ヶ月になる息子の長所は、たくさんある。例えば明るく元気なところ。けれどもまだ TPOとかいう概念があるわけでもないので、静かにすべき場所でも元気いっぱいだったりすることもある。そうするとそれは「うるさい」と表現されうる行動ということになり…

おいしい野菜と安全な野菜。そのピーマンが辛くないのはなぜだろうと考えてみる理系母ちゃんの話。

先日、実家から送られて来たピーマンを使って、ピーマンのきんぴら風を作ったら、夫から「このピーマン辛いよ。」と指摘された。食べてみたら確かに辛い。唐辛子くらいに辛かった。けれども実は。私は調理している最中から「あー。このピーマン辛いかもな。…

イカす活かし方で、活きる生き方。

私の母は、いわゆる典型的な専業主婦でした。結婚を機に会社を辞め、子どもが手を離れるまでは家庭のことに専念し、次女である私が小学校高学年に上がった頃からパートを始めました。彼女はいつも私たち姉妹に言っていました。「手に職をつけなさい。自分で…

息子の言葉、それは、継承してるよという警鐘。

息子、3歳9ヶ月。最近の息子は、メルヘンの世界と現実の世界を行ったり来たりしている。薄赤く染まる空。一筋の飛行機雲を見つめながら「母ちゃん、お空にお絵描きしているね。」という息子。レインコートに傘。高い気温と湿度にうんざりな日でも「母ちゃん…

見上げた空が、あまりにも青いので。

息子、3歳9ヶ月。我が家の近所には、とてつもなく広い緑化地帯がある。一応、日本の中ではかなり人口が多めな街なのだけど、その一帯に限っていえば、the 田舎で育った私が見ても自然が豊富だと感じるほどだったりして、休日になると、ウォーキングをするご…

付和と不安

はてなって本当、おもろい方がたくさんいると思う。特に古参と思われるDairyを利用されている方の尖り方が個人的にツボ。 「ためしてガッテン」の健康本の新常識クイズが難しすぎる件 - NATROMの日記 個人的には、普段からトンデモな医学や科学には言いたい…

双方向性可変的人間関係の構築促進計画

今更だけど「ストック」と「フロー」という概念にはまっている。(唐突)経済は専門外過ぎてチンプンカンプンだし、正確に説明できるほどきちっと勉強したわけではないのだけど、ざっくりお金を例にしていうならば、フローは出入りするお金(お給料とか消費…

ありがとう、税金。

「文句をいうだけなら、サルでもできる。代替案出せへんクセに、文句だけいう人間は最低や!」幼少期から、こんなことを父に言われて育ちました。どうでもいい話ですが、口調からもわかる通り、父はそれほど人間的に出来た父ではないので(現在形)、この話…

学習と興味と目的と。

息子、3歳9ヶ月。幼児向けの教材なんかでチラホラ見かける、パターンを認識する課題。 例えば。りんご、ばなな、いちご、□、ばなな、いちご、りんご、ばなな...とか単語が並んでいる時に、□に入る単語は何でしょう。的な問題があるかと思うんですが、息子に…

雑草讃歌

恥ずかしながら、ここに引っ越してくるまで、はてな発の有名人の存在を知りませんでした。 いや正確に言えば、名前くらいは知っていた気もします。個人の思想や心情、日記的なブログならば、単純に興味を基準に読む読まないを選択できますが、backboneとなる…

真性理系母ちゃんvs.文芸に憧れる父ちゃん

流行に疎すぎる母ちゃんは、最近になってようやく「アナと雪の女王」の存在を知りました。(恥)流行の最先端を披露してやろうと、早速、家に帰って「レリゴーレリゴー」と歌ってみたら、我が家の3歳児に「あ、それ雪の女王でしょ。ももちゃん(保育園のおと…

うちはもう、吸ってません。

息子、3歳8ヶ月。夫、38歳2ヶ月。(ん?)思う存分、母乳を与えたい!という強い母性があるわけでもないわけでもなかったのですが。ワタクシ、長期授乳を行っておりました。保育園へ預けていて息子と離れている時間が長いことに対して、私がずっと後ろめたい…