働く母のすすめ

You are stronger than you think.

雑記

子育てと天気予報

息子を産んでから、以前よりも天気予報をきちんとチェックするようになった。もともと、可能な限り、洗濯物は紫外線に当てて殺菌したいという考えなので、洗濯物のために天気予報の確認はしていたけれど、洗濯物は、うっかり雨に濡れても洗い直せば済むとい…

negative × negativeは、やっぱりマイナスなんだと思った話。

息子の通う小学校の学区には、3種類の学童がある。・民設民営で、サポートも手厚く、保護者の負担も少ないけれど、保育料は比較高額なところ。・サポートは手厚く、保育料はそこそこだけど、保護者運営で負担が比較的大きいところ。・公設公営で、サポートは…

「りっすん」に寄稿しました。

www.e-aidem.com 細々とだけれど、文章を書くことは継続できていて、今、振り返ってみたら、4年以上もはてなでブログを書いている。他のサービスを使っていた時期もあるので、積算すると結構な年数になる。文章を書くことも好きだけれど、誰かの文章を読むこ…

完璧な親なんていない。

連投したブログ「ヒトは記憶で繋がってる」の中でも少し触れたけれど、私の父は自分の果たせなかった何かを娘に託し過ぎている部分があって、若い頃はそれが少し煩わしく感じることもあった。意を決して「お父さんには、本当に感謝しているけれど、これは私…

ヒトは記憶で繋がっている。その3

このブログでも何度か触れたことがあるけれど、以前、私の父は事故で頭部外傷を負ったことがある。 頭部外傷のせいなのか、術後せん妄なのか、事故後しばらくすると、父に妄想が出るようになった。妄想の中で父は、警察署にいたり、タイにいたり、鹿児島にい…

ヒトは記憶で繋がっている。その2

父は朝から晩まで仕事をしていたし、仕事を休むこともほとんどなかった。私たち子どもの行事も母に任せきりだったけれど、子どもに対して関心が薄いわけではなかった。勉強を教えることは出来ないけれど、運動会やマラソン大会の前には、仕事に行く前、早朝…

ヒトは記憶で繋がっている。その1

父と私の話を書こうと思う。父は、田舎町のサラリーマン家庭に5人兄弟の次男として生まれた。本家との折り合いが悪かった父の父(私の祖父)は、実家からの援助もあまりなく、家と畑を作るために、田舎の荒れ地を自らの手で開拓したと聞いている。実際、祖父…

自分のための通院と性による違いの話

夫の状態が落ちついているので、久しぶりに私自身をケアする時間が取れるようになった。ひとまず、ずっと行きたかった歯科と婦人科に通い始められたので、ホッとしている。自分のための時間って、なんて贅沢なんだ。 以前から、少しずつ月経の様子が変わって…

田舎とか都会とか

少し前に、地域格差について書かれた文章が話題になっていた。 gendai.ismedia.jp 田舎で育つということは、それだけで文化的、教養的に想像以上のハンディを背負わされている、という話だった。例えば、こんな感じで高等教育第一世代(教育費って、何だ。番…

曖昧な日本語

‪息子(や私)が「ん?」と悩んでしまった"理解の難しい"日本語についてのメモ。 【その1】‪きゅうりが10本、トマト8個あります。5人の子どもに、ひとりひとつずつ配りました。きゅうりとトマトは、それぞれ、いくつ‬残りますか?答え1きゅうりとトマト、そ…

はじめのいっぽ

卒園式が終わっても、保育園は3月31日まで保育をしてくれる。息子は、最終日も、いつも通り閉園ギリギリまで保育園に通った。4月1日が平日だったら、息子は翌日から学童に通うことになっていたのかと思うと、今年は4月の始まりが土日でよかったと思う。イベ…

そろそろ夏休みの在り方を変えてみてもいいんじゃないかと思う。

息子の就学を来年に控え、世間話がてら先輩ママたちから夏休みに対する感想を聞いたりしている。ママトークでどこまで本音を話すかという問題もあるけれど、宿題が大変とか毎日のお昼ご飯の準備が大変とか、とにもかくにも大変な話を聞くことが多くて、今か…

その行動には、理由がある。

息子が保育園行事で、地域の文化施設的なところに見学に行った。帰宅した息子に感想を聞くと「実験が一番楽しかった!」「実験って、マジックみたいだねぇ。」というので夫と苦笑した。母ちゃんも、実験が楽しいものであるいうことを、とてもよく知っている…

その解を求めています。

私はしばしば、現実世界で起こっていることをよりロジカルに、つまりは感情を出来るだけ排除した形で理解するために、それらの現象を数学や物理のルールに置き換えて咀嚼することがある。例えば、折り合いの悪いAさんとBさんが出席している会議で話をまとめ…

高等教育第一世代(教育費って、何だ。番外編)

教育費って、何だ。 - 働く母のすすめ 続・教育費って、何だ。 - 働く母のすすめ上のブログにて、初等教育(小学校)や中等教育(中学校、高等学校)にかかる教育費の話を書いてきたのだけれど。高等教育(専門学校、高専、大学など)の話になると、国公私立…

続・教育費って、何だ。

忘れた頃に、こちらの続きの話。 教育費って、何だ。 - 働く母のすすめ 上記のブログには、文科省が発表した統計データ(の一部)とデータの解釈を記載した。文科省的には、淡々と各項目やパラメータごとにデータをまとめて提示しただけなのかもしれないけれ…

教育費って、何だ。

教育費の負担が重いという話は、よく見聞きしていて、例えば"大学まで国公立に通った場合"と"大学までずっと私立に通った場合"の比較データなんかを見かけたりするのだけれど、どういう試算なのか詳細が開示されていなかったりして、個人的にはもやもやする…

40にして惑う

確かに、核家族で共働きを継続するのは難しいなあと最近よく思う。子どもを産んで仕事復帰した最初の1-2年は、仕事に戻ってきたという喜びとか、育児の影響でこなせる仕事量が減った分、効率的にこなさなきゃという気持ちとか、何とかこの生活リズムを軌道に…

私の尊敬するイクボスの話

幸運なことに。私は、これまでに何人かの尊敬出来る上司に出会うことが出来た。中でも1番尊敬している人は、前職時代の直属の上司で、私よりも7-8歳くらい年上の男性。当時アラフォーだったその上司は、長子と2-3歳ほど歳の離れた第二子を授かったところだっ…

サツキやツツジの迷路をぬけて

息子が、最近お気に入りの公園に案内してくれた。我が家の近くには公園や緑地が多く、息子は保育園の散歩であちこちの公園に行って遊んでいる。息子の「お気に入り」と聞いて、息子が抱っこ紐やベビーカーで移動していた頃からよく行っている(=私が気に入…

自分という”存在”に必要以上の幻想を抱かずに生きる。という話

ハタチを少し過ぎた頃。私は、1人暮らしのアパートで、床に寝転びごろごろと体勢を変えながら、夢野久作の「ドグラ・マグラ」を読んでいた。「本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす」という触れ込みに惹かれ、自分がいつどの場面で「精神に異常…

息子のトイレトレーニングから学んだことと、最近感じた達成感の話

息子の保育園では、子どもが2歳になる月にトイレトレーニングを始めるという方針でした。トレーニング方法は思い切ったもので、トレーニングパンツなどは一切使用せず、ある日から突然、普通のパンツで過ごすというやり方。毎日汚れた洗濯物を持って帰って洗…

赤ちゃんと頭部外傷受傷後の父の睡眠パターンを比較してみたという話

赤ちゃんの睡眠の話を書いたので、ついでに表題の話も書いておこうと思う。 赤ちゃん→子どもの睡眠を観察するとおもしろいという話。 - 働く母のすすめ 数年ほど前、父が単独自損事故を起こした。頭を強く打ったため脳挫傷になってしまったのだけれど、外科…

大人になっても算数は大切です。

【問題】hahalogさんは、夫と5歳になる息子の3人家族です。hahalogさんは、出張に行った先で、名産のお菓子10個入を1箱買いました。出張から帰るのが遅くなったため、帰宅時に息子は既に眠っていましたが、とてもおいしそうなお菓子だったので、賞味期限が短…

愛すべきおたくに育てられた小娘の話

突然、上司から会議に出席してくるようにと言われた。会議の開かれる場所も議題も出席者も、やんごとない雰囲気を漂わせていたので、普段はボサボサのパッサパサで生活している理系母ちゃんも、さすがにちゃんとした格好をして、ピリリとした緊張を抱えて会…

キミ死にたまふことなかれ

近頃の息子。例えば、テレビで子どもたちがお遊戯するのを見て「あの子、ちょっと上手くなかったね。息子ちゃんは、もっと上手く出来るよ。」とか。保育園で運動をして「息子ちゃん、走るの速かったんだよ。おともだちより、速く走れるんだよ。」などと言う…

永遠に志向や試行を思考中。

学生の頃。担当教官に質問に行き「〜が、ぶわっと増えた場合は…。」というような話をしたら「『ぶわっと』増えるって何だ。理系なら『直線的に』とか『指数関数的に』とかきちんと表現しろ、コノヤロー。」的な愛に溢れたツッコミをいただいたことがあった。…

The mother is my mother.

週末は、夫婦で出かける必要があったため、私の実家に息子を預けに行った。 昼過ぎに着くとメールしておいたのだけど、到着すると、家の中はしんとしていた。玄関から居間の窓越しに、庭で草むしりをしている私の父の背中が見えた。家に上がるかどうか迷って…

The mother is your mother.

夫の母は、多分夫の母として出会わなかったら、まず交流することがなかったんじゃないかと思うようなタイプの女性で。私は、通常、話が通じない相手だなと思ったら、割と早い段階で、必要に応じた表面的なお付き合いをする外交モードに切り替える冷たい人間…

息子の「本当」を母は知らない

会社の制度上、今年のGWは8連休な夫に対して、カレンダー通り+αで出勤な私。今回に限らず、我が家の長期連休は、普段の平日は帰宅が遅くて息子とはあまり会えない夫と息子の2人時間になるのが恒例。息子は赤ちゃんの頃から、夫の抱っこではギャン泣きするこ…